ウォーターサーバーの水以外は危険なの?

ウォーターサーバーは安全性に優れた水を飲むことができるという点が広く評価されていますが、しかしこうした評価に対して「ではウォーターサーバーの水以外は危険なのだろうか」と考えてしまう人も多いことでしょう。

これについてはさまざまなことが言われていますし、かつては水道水に含まれる残留塩素やトリハロメタンといった有害物質が話題になったこともあります。



ですが実際のところ、ウォーターサーバーの水以外が危険なのかと言われると、そうしたことはないと言って良いです。
先ほど触れた残留塩素やトリハロメタンと言った要素は、確かに過剰に摂取してしまった場合には健康被害が生じるリスクもあるでしょう。ただ通常の飲用で健康被害が出るのであれば、そもそも日本国内の基準を急ぎ改訂しなくてはなりません。

ウォーターサーバーと赤ちゃんのことならこちらのサイトが便利です。

しかし現在の日本の基準はWHOが定める世界的な水の安全基準よりも厳しいものになっていますから、仮に日本の基準が甘いとするのであれば世界中の水道水は危険で、各国政府は危険な水を国民に飲ませ続けていると言わなくてはならなくなります。

もちろん現実としてはそうしたことはありませんから、安全性ということでいえば水道水でも問題は無いのです。

ウォーターサーバーの水は日本の基準よりも厳しい基準でチェックされていることが多く、またRO水だとH2O以外の物質がほとんど入っていないため、「極めて」安全であるとなるだけです。

ただ毎日口にする水にはほんの少しでもリスクが無い方が良い、水道水よりも美味しい水を毎日飲みたいということであればウォーターサーバーの価値は非常に高いですから、「水道水でも安全だが、水としての価値は違う」というように覚えておくと良いでしょう。

ウォーターサーバー情報は初心者にも分かりやすいです。